スポンサーリンク





こんばんは!

みなさんセット頑張ってますか??

まだ使い慣れてない方やアイロンを使ったセットをやってみたい方にはオススメな記事です!

よくYouTubeとかでセットをしている動画がありますが、見てると簡単なようで意外と難しく時間かかってしまうのが現実。

美容室でしてもらうと簡単そうな感じでやってくれますがやはりプロなのでうまくでき、再現できて当たり前で、素人は下手で普通なんです。

今日はなるべく早く、スジ盛りのような今風なセットの紹介です。

ちょっとこの記事のことを頭の片隅にでも覚えていていただけたら大変役に立つと思います!

 今回はデューサー4を使って簡単にアイロンを使ったセットのやり方を紹介です!

その1とその2にわけて書いていきたいと思います!今回は基本となるベースの作り方です。
スポンサーリンク



 

  1. アイロンでカールの方向性を決める

まずは基本中の基本であるアイロンの流す方向性です。

まあ別に基本ではないのですが。笑

セットによって、色々変えてみると面白いのですが王道な感じで行くと下の画像のようにカールをつけてもらえるととてもセットがしやすいです。

  
ちょっと見にくいですが耳から後ろの毛は外ハネ気味で耳より前は前気味にカールをつけていきます。

トップも前気味にカールをつけます。

これが基本となるベースです。

慣れれば5分以内にベースは作れるようになります!
スポンサーリンク



  1. ワックスの量はどれくらい?

ワックスのつける量は髪の毛の量にもよりますが、本当に!付けすぎにだけは注意してください!

付けすぎると髪の毛が固まりすぎて散らしたりバランスを取ったり手直しができず、厳しく言うと洗ってからでないとカッコイイセットができません。

量はこれくらいで付けてください!

  
少し少なく感じるでしょう。

これは言うならば一回目の量です。まずこれを両手に伸ばし、片手ずつ髪全体に付けていきます。もしたりなさそうな時はこの半分とかを追加し重ねづけしてください!そうすると満遍なく髪につけることができすごくセットがやりやすいです!!

で!

その2に続きます。